ジョブ雑感【Sカビハン】

各ジョブについての雑感。個人的な意見多めです。


☆ヒーローソード
・使用難易度 : ★★★★☆
・パーティー必要数 : 0~2人
パーティーバランス的に見たヒーローソードの採用価値は、『ヒーローシールド』の性能一点に集約されます。味方に無敵状態を付与できるメリットは様々な場面で活用されます。突然の攻撃への広範囲対応 / 避けにくい攻撃に対する安地の設営 /機動力の低いハンマーの全般的サポート / 味方の溜め技溜め中の防御 ……etc.
ビームやドクターと違って火力不足にもなりにくいのも特徴。『かいてんぎり (たつまきぎり)』は高火力持続技の上に 攻撃しながら左右移動とジャンプができるので、比較的外しづらく 低リスクで押すことのできる技です。『ドリルソード』は無敵つきで大きく横に移動できるので、後ろに回り込むのに便利、ただし隙は大きめです。
強さの反面、使用難易度は高めです。『かいてんぎり (たつまきぎり)』以外の攻撃技は火力が低いか 使い勝手が悪いかのどちらかですが、『 かいてんぎり (たつまきぎり)』は溜め技なので、咄嗟に『ヒーローシールド』を展開することができません。したがって、敵の攻撃パターンを見極めて自らの攻守を的確に判断する必要があるジョブであるといえます。

☆ヘビィハンマー
・使用難易度 : ★★★★★
・パーティー必要数 : 0~1人
動きがただただ鈍重。ジャンプで相手の後ろに回り込むことすらできないので、扱いにくさは随一。ハンマーを採用するときは、ビーム2人またはソード1人のサポートは絶対必要になります。『だいしゃりん』は無敵つき横移動攻撃技ですが、これもやはり動きが鈍く、無敵を活かせないことが多々。どの技も平均的に火力が高く隙が少なめですが、素の運動性能がどうにも足を引っ張ります。ただ、それに見合うだけの火力は約束してくれます。『鬼殺し火炎ハンマー』最大溜めの威力はとても魅力的で、時間を止めたとき / フレンドメテオの後にダメージを稼ぐ能力はとても高いです。このようにピーキーな性能をしており、上手くリスクリターンを計算して接近しないと早々にやられてしまうので 使用難易度はとても高め。また、他のジョブのサポートが必須なので パーティー必要数は0~1体と言ったところ。

☆マジックビーム
・使用難易度 : ★☆☆☆☆
・パーティー必要数 : 1~3人
安地で『タイムビーム』最大溜め撃って 相手を止めたら『ビームマシンガン』を連打するだけの簡単なお仕事。敵の行動パターンさえ知ってれば撃つタイミングは全く難しくないので本当に楽。時間を止めたときの恩恵が非常に大きいため 使用難易度に反してパーティーへの需要は高く、最低でも1人は欲しい。少し火力不足になるかもですが、腕に自信が無い人たちのパーティーなら3人いても良いくらいです。
相手の後ろに回り込むときはジャンプ『ビームマシンガン』が良。一応『サイクルビーム』に無敵がついてますが ダメージが低いので 敵の突進技も『ビームマシンガン』でジャンプ避けしながらやり過ごすのを推奨。

☆ヒールドクター
・使用難易度 : ★★★☆☆
・パーティー必要数 : 1人
Q.タイムアタックに回復役っている?
A.滅茶苦茶必要です。もしも味方が1人気絶してしまったら、更に1人が救援に行く必要が迫られ、結果2人分の時間を無駄にすることになります。救援に行くために背負ったリスクの価値を考えると それ以上になるかもしれません。また、味方の後ろにヒーリングエリアを作っておくことで「ダメージ覚悟で突撃することへの保険」を持たせることができます。『ヒーローシールド』とは別ベクトルのサポートですね。タイムアタックだからこそ、回復の重要性が強調される点もある、ということです。
攻撃面では、『かがくけんきゅうしょ』は (ドクターの技の中では) 高威力で持続が長く 攻撃中は無敵なので、敵スタン中の主力技として、または敵の攻撃をやり過ごすための技として使うのが強い。『ジュエリーショップ』は唯一の連射可能な遠距離攻撃で、遠くからダメージを溜めるのにも困らない。本当に味方のサポートを必要とせずに動けるので 自由なスタイルで戦いたい人にオススメ。
重要な仕事を果たすので 高ランクの敵相手であればパーティーに最低1体は欲しいですが、これらの仕事が一体で不足することはないので 必要数は最高1体。低ランクの敵には回復が必要無いので1体もいらない。


☆構成例 (高ランクの敵相手を想定)
①ソード / ハンマー / ビーム / ドクター
攻守のバランスを突き詰めると、結局この構成が最良なんですね。よくできたゲームです。ソードはハンマーにくっつくように動いて『ヒーローシールド』でハンマーを支援。ビームは遠くから『タイムビーム』を撃って、ドクターは回復と攻撃を適度なバランスで行う。

②ソード / ビーム / ビーム / ドクター
ハンマーをビームに変えて、ソードの自由度を高めたような構成。この構成ではソードが攻撃の要となるので、どちらかというと『ヒーローシールド』よりは『かいてんぎり (たつまきぎり)』を多く撃つようにする。ビームとドクターの動きは同じです。

③ハンマー / ビーム / ビーム / ドクター
ハンマーの動きをビーム2体で補った構成。やはりハンマーがいると火力を取りやすいので カビハンが上手な自信のある人たちのタイムアタックに向いています。時間を止めていないときのハンマーの立ち回りが問題ですが、上手いことドクターが『ヒーリングエリア』等でサポートをしながら戦えると良いですね。

④ソード / ソード / ビーム / ドクター
①の次に汎用的な構成だと思っています。ビームとドクターの動きは相変わらずで、ソード2人はお互いの隙をカバーしながら、余裕があればビームにも『ヒーローシールド』を展開するようにして戦います。ソードが2人いる分、攻守のバランスを比較的保ちやすいので、臨機応変に戦いやすいと言えます。どんな相手にも安定する①、どんな状況にも安定する④って感じ。

⑤ビーム / ビーム / ビーム / ドクター
あまりゲームが得意でない人たちのためのお手軽パーティー。ビーム3人で動きを止めて一斉に攻撃。火力不足になりがちなので、攻撃の手を止めないためにドクターで回復サポート。


自分はドクターメインなんですが、オンラインではドクター使ってる人が少ないように感じます。ボスを倒すことを目的とした対戦ゲーでは、味方をサポートする役職よりもガンガン攻撃する役職の方が、簡単で「映える」し爽快感もあって、このジャンルのゲームを遊ぶユーザーのニーズに合っているんでしょうね。個人的には回復役あっての攻撃役だと思っているので、もう少しドクターの重要性が尊重されればなぁ……なんて思ったり。

挨拶

斎藤あずきって言います。あずきって呼んでください。
ゲームについて色々と考察することが多いのですが、それの置き場に困っていたので、ブログに残してみることにしました。
自分から誰かに見せるつもりは全くないですが、本当に必要としている人が 本当に深くまで探して ようやく僕の記事を見つけたときに、1mmでも参考になるような記事を書きたいです。

よくやるゲーム↓
スマブラ / カービィシリーズ / ポケモンシリーズ
ドラクエシリーズ /イナズマイレブン
ゼルダシリーズ